マリタイムフォーラム

ニュース・お知らせ

海技に関する最新ニュースやイベントの情報をお知らせします

2024.02.27

保護中: 第9回海技振興フォーラムの資料掲載について

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

2017.05.17

English version of the Maritime Forum is now available.

New users of the materials of maritime education and lectures are kindly asked to fill in a simple questionnaire. With your input we can improve the service of the Department of Technology and Research of the Maritime Human Resource Institute. We appreciate your co-operation.

2012.08.27

We are asking for the quantity of the Education DVD of “Safety Guidance for Passing through Kanmon Kaikyo” you require.

We are going to produce the DVD(in English and Japanese) about the “Safety guidance for Passing through Kanmon Kaikyo” as an educational tool for Captains and Deck Officers based on the view from seafarers, in co-operation with Organizations of Maritime Education, Kanmon Straits & Harbour Pilot Association and also Japan Coast Guard.
It contains movies from ships and explanations of navigation rules,landmarks and remarkable navigation aids.
The DVD can be accessed on personal computer and will be provided free of charge but for a limited number of copies.
Please contact us via the column “Contacts” if you hope.

2011.12.08

The following texts and videos, on Education & Training, have been updated.

● Report to the Maritime Safety Committee
● Guidelines for Safe Navigation
● Maritime Steam Turbine Plant Warming-up Operation

2011.12.08

The 89th Maritime Safety Committee (the Maritime Human Resource Institute)

The 89th session of the Maritime Safety Committee was held between 11th. and 20th. May, 2011 in London, England. The committee, at which the staff of the Department of Technology and Research was present, clarified the issue of transitional provisions relating to the 2010 Manila amendments of the STCW Convention.

2011.12.08

The 42nd Sub-Committee on Standards of Training and Watchkeeping (STW) (the Maritime Human Resource Institute)

The staff of the Department of Technology and Research attended the Diplomatic Conference on the International Convention on standards of Training, Certification and Watchkeeping for Seafarers,1978 The conference was held in 2010, June 21st. to June 25th. in Manila, the Philippines.
The report for the Manila amendments to the STCW Convention is under preparation.

2011.12.08

Diplomatic Conference to the STCW convention and code (the Maritime Human Resource Institute)

The staff of the Department of Technology and Research attended the Diplomatic Conference on the International Convention on standards of Training, Certification and Watchkeeping for Seafarers,1978 The conference was held in 2010, June 21st. to June 25th. in Manila, the Philippines.
The report for the Manila amendments to the STCW Convention is under preparation.

2017.01.23

海技振興フォーラムを2月23日(木)に開催します。

日時:2017年(平成29年)2月23日(木)14:00~17:00
場所:海事センタービル2階 201・202会議室
詳細についてはこちらをご参照ください。

2016.11.30

IMO第97回海上安全委員会に当センター常務理事及び技術研究部主任研究員が日本政府代表団として参加しました

平成28年11月21日〜25日の間、英国ロンドンにある国際海事機関(IMO)において、第97回海上安全委員会が開催され、日本政府代表団の一員として、当センター常務理事および技術・研究部主任研究員が船員関係の議事に積極的な貢献をしました。
今次会合では、STCW条約附属書第V/2章に係る旅客船の乗組員に対する安全訓練要件が採択され、旅客船安全習熟訓練の要件が追加されるとともに、群衆管理訓練についてはコードA部に能力基準の詳細(表)が設けられました。(2018年7月1日発効予定)
また、極海を航行する船舶の船長・航海士の要件を追加するSTCW条約第V/4章、及び関係STCWコードの改正案が採択されました。(2018年7月1日発効予定)

2016.05.27

IMO第96回海上安全委員会に当センター技術研究部主任研究員が日本政府代表団として参加しました

平成28年5月11日〜20日の間、英国ロンドンにある国際海事機関(IMO)において、第96回海上安全委員会が開催され、日本政府代表団の一員として、当センター技術・研究部主任研究員が船員関係の議事に積極的な貢献をしました。
今次会合では、国際航海に従事する旅客船の損傷時制御操練に関する新たな要件を、SOLAS条約第II-1章、第III章に追加する改正案を承認しました。(2020年1月1日発効予定)
また、極海を航行する船舶の船長・航海士の要件を追加するSTCW条約第V/4章、及び関係STCWコードの改正案について、最終化を行いました。(2018年7月1日発効予定)

Top へ