モデルコース2.03
60/535

60[注:参考資料群の参照先指定は英語版のものである。] .5 訓練中に発見した故障や不備はすみやかに修正しなければならないと述べる。 .6 退船訓練 -退船訓練中は以下の手順に従わなければならないと述べる。 ・ 退船訓練は、特定のアラームを作動させ、その後、PAシステムなどの通信設備でアナウンスして始める。すべての乗客と乗組員にこのアラームとアナウンスを周知しておくこと。 ・ アラームを聞いたら、乗組員は持ち場に就き、非常配置表に記載されている任務に備える。 ・ 乗客と乗組員は適切な服装をする。 ・ 救命胴衣は正しく身に着ける。 ・ 少なくとも1隻の救命艇を準備し、下ろす。 ・ 救命艇のエンジンを起動し、操作する。 ・ 救命いかだの離脱方法を説明する。 ・ 船室に閉じ込められたという想定で乗組員を捜索し救出する。 ・ 無線救命設備の使用方法 -訓練ごとに異なる救命艇を着

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です